前へ
次へ

知らなくて悔しい思いをしたこと

まさか自分が労働トラブルに巻き込まれるとは考えてもいませんでした。
ですからしっかりとした証拠をつかんでおらず、自分の日々の記録しか証明をするものがありませんでした。
もしも音声データを残していたら、決定的な証拠になったので裁判で敗訴をすることもなかったでしょう。
裁判では真実を伝えるということが前提になっているので、敗訴をするわけはないと思っていました。
しかし甘かったです。
相手から出てくるのはすべて嘘でした。
真実は何もなくて、弁護士も嘘に嘘を重ねてまるで本当のことのように話していたのです。
自分で見たり聞いたりしたわけではないのに、まるでその場にいたかのような話を作ったので驚きました。
判事も証人を認めてくれず、相手の嘘ばかり言う証人だけを認めました。
もしも自分の少しでも法律の知識があったら証拠をしっかりと保管しておいたのに、と後悔しています。
もっと勉強をしておくべきだったと反省をしています。
知らないとは怖いことです。

Page Top